ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > クリーンセンター > 「防府市ごみ処理基本計画」を見直しました

「防府市ごみ処理基本計画」を見直しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月3日更新

「防府市ごみ処理基本計画」の見直し

 防府市では、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第6条第1項の規定に基づき、本市のごみ処理の基本方針となる計画を平成18年12月に策定しました。その後、平成25年3月に、ごみや資源を取り巻く動向、本市におけるごみ排出量等の状況変化を踏まえて、目標値や具体的な取組などを掲げ、本市にふさわしい循環型社会を構築していくため、計画の改定を行いました。
 このたび、平成26年度からの新施設の稼働や新たな分別区分による収集の開始、国や山口県による新たな循環型社会形成推進基本計画の策定といった本市を取り巻く動向に対応するため、既存のごみ処理基本計画を見直しました。

基本目標

 「3Rの実践による未来につなぐ循環型社会の構築」

計画期間

 平成25年度~平成33年度(平成28年度 中間見直し)

見直し内容

  • ごみ処理の現状と課題

 平成26年4月から、新しいごみ処理施設の稼働や新たなごみの分別区分による収集を開始したことなどにより、平成27年度の総ごみ排出量は、基準年度である平成23年度と比較して、約17%の削減となりました。また、焼却灰の全量セメント原料化の実施により、最終処分量も大幅に減少しました。
 これらの状況や、平成27年度に実施した「ごみに関する市民アンケート」の結果を踏まえ、現状と課題について見直しました。
 また、新たな課題として、自然災害の発生により一時的に大量に発生する災害廃棄物の適正かつ迅速な処理を行うため、処理体制の構築等についての方策を定めることが必要となります。

  • ごみ処理の目標

 平成27年度までの実績や、中間目標の達成状況、新しい施設の稼働状況等を勘案し、ごみ量等の数値目標を次のように見直しました。

数値目標

  • 施策の展開

 既存の施策を引き続き実施することを基本とし、環境教育や環境学習などによる啓発活動や、新たなごみ出し支援策である「高齢者等ふれあい戸別収集」を実施することとします。また、災害廃棄物について、円滑かつ迅速な処理と再生利用を可能にするため、国、山口県の計画等と整合を図り、「防府市災害廃棄物処理計画」を策定することとします。

計画の内容

防府市ごみ処理基本計画(全文) [PDFファイル/1.74MB]表紙・目次 [PDFファイル/439KB]


第1章 計画策定の基本的事項 [PDFファイル/726KB]
第2章 ごみ処理の現状と課題 [PDFファイル/1.19MB]
第3章 ごみ処理の目標 [PDFファイル/749KB]
第4章 目標達成に向けた施策の推進 [PDFファイル/766KB]
第5章 計画の推進 [PDFファイル/433KB]
巻末資料 [PDFファイル/753KB]