ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

離婚届

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年1月1日更新

離婚届

婚姻関係を解消させる行為で、協議離婚と裁判離婚があります。

届出にあたって

協議離婚については20歳以上の証人二人が必要です。
本籍地以外で届出される方は、戸籍謄本をあらかじめご用意ください。
離婚により、住所の変更をされる方は、住民異動届も必要です。

届出の用紙

市民課3番窓口にあります。

よくあるご質問

Q.離婚をすると私の戸籍はどのようになるのでしょうか?
A.離婚届出をされますと、夫婦のうち筆頭者でない方が夫婦の戸籍から除かれます(除籍といいます)。
除籍された方は、従前の戸籍(直前にいた戸籍)にもどるか、新しい戸籍を作ることになります。

Q.離婚をしてもこのままの氏を名乗りたいのですが?
A.婚姻の際に氏を改められた方は、婚姻前の氏にもどりますが、離婚後3ヶ月以内に別の届出
(婚氏続称の届出)をされることで、離婚の際に称していた氏を称することができます。

Q.未成年の子供がいます。子供の親権は妻にありますが、夫の戸籍にいます。
妻の戸籍に入籍させることはできますか?
A.家庭裁判所の許可を得た後に入籍届を出されることで母の戸籍に入籍することができます。
家庭裁判所への申立書は市民課3番窓口にあります。
詳しくは入籍届の項目をご覧ください。

Q.子の氏変更許可の申し立てを家庭裁判所にするため戸籍謄本が必要です。
離婚届を出したらすぐに戸籍謄本が請求できますか?
A.各種審査を要するため、すぐには戸籍は出来ません。窓口にてご確認ください。

Q.離婚届の際、親権を夫にしましたが、話し合いの結果、妻に変更したいのですができますか?
A.家庭裁判所の許可を得た後に親権変更届をする方法があります。詳しくは、市民課3番窓口までお問い合わせ下さい。

*閉庁後、土曜日、日曜日、祝日などの業務時間外は1号館西側宿直で受け付けます。

宿直への案内図